拠点案内

埼玉事業所

創業の精神

株式会社 萬松は1974年2月埼玉県大里郡寄居町大字今市103の地に樹脂塗装を主たる業とした生産工場を建設し、1985年2月自動車用灰皿の成形・塗装・組立の一貫生産ラインを構築、生産活動を展開操業開始するに際し「素晴らしい自然環境を侵さず生産諸資材の節約と有効活用を計り、クリーンな生産を基に『管理された集団』で地域社会と共生、協調、貢献しながら企業の発展と従業員の成長と幸せを目指す」に常にチャレンジする。

環境理念

工場創業の基本精神に基づいて地域社会と共生し地球環境保全が企業として重要な使命の一つであることを深く認識して「地域社会と共に地球環境に優しい生産活動」を理念とし環境負荷を抑制、継続的に低減を目指しながら自然と人間社会の健全な調和に寄与をする。

環境目的

(1)環境管理システムの遵守
樹脂成形、塗装、組立の生産活動に伴う環境問題をISO14001規格に適合するマネジメントシステムの実施により責任ある方法で管理し汚染予防に努め、かつ継続的に改善するよう取り組むことを誓約する。

(2)環境関連法規制等の遵守
工場の環境側面に関連して適用可能な法令、条例及び受け入れを決めたその他の要求事項を生産活動に関連する範囲において遵守し、これらに適合していることを確実にするために定期的に内部環境監査とマネジメントレビューを行う。

(3)地域環境(地球環境)と事業運営との共生
地域、地球環境との共生を目指し、省エネルギー、省資源、リサイクルに貢献する製品づくり及び技術開発に努める。

(4)環境負荷削減への取り組み
生産に係る環境側面のうち次の項目を環境管理重点テーマとし取り組む。
① 消費電力量の生産に対する比率の削減
② 塗料及び溶剤と原材料の生産高に対する比率の適正化と削減化
③ 環境負荷物質の適正維持管理
④ 危険物使用に伴う安全の確保と適正維持管理
⑤ 紙類の使用削減とその他資材のリサイクル
⑥ 塗装済樹脂部品等の廃却品の削減

(5)目的及び目標の設定と見直し
環境管理活動の推進に当たり環境目的及び目標を設定し実施すると共に、年度毎に見直しを行う。

(6)地域から信頼される企業活動の推進
地域社会の一員として生産活動に関連する範囲において社会、住民とのコミュニケー ションを図り、地域環境との共生を図る。

(7)環境方針の従業員への周知と公開
この環境方針は工場の全従業員に周知すると共に、購入先、関連各社等の利害関係者及び一般の人にいつでも公表出来るように維持する。

ページの先頭へ